ニキビ跡消す > ニキビ跡消す~ニキビを予防する生活習慣~

ニキビ跡を残さない為にはニキビを作らないことが大切!

ニキビ跡消す~ニキビを予防する生活習慣~

ニキビができてしまった時、何か特別な治療をしないと治らないと思っている人もいるかもしれません。 でもニキビができるには必ず何か原因があるはずで、それは生活上のちょっとした間違いによるものかもしれません。

これ以上ニキビやニキビ跡を増やしたくないと思ったら、治療することも大切ですが、生活に気を付けて、ニキビを予防するという考え方をすることも必要です。今お肌にニキビができてない人も、これからちょっとしたきっかけでニキビができることがないように気を付けてみてくださいね。

ニキビを防ぐためには、まず清潔が第一です。帰宅したら必ずメイクを落として丁寧に洗顔するようにしましょう。すすぎ残しがないように気を付けてください。

そして洗顔後はお肌に十分潤いを与えましょう。乾燥はニキビの原因にもなりますから、化粧水をたっぷり付けることです。衣類や寝具を清潔に保つことも大切なことです。せっかく顔をきれいに洗っても、眠る時に汚れが染み付いた寝具が顔に触れてしまってはなんにもなりません。

見た目はきれいであっても、寝具には汗や汚れが染み付いていますし、いろいろな菌も付着しています。 毎日とはいかなくても、なるべくこまめに洗濯するようにしましょう。
イリューム

食生活も規則正しく、まんべんなく栄養をとれるように心がけてください。よく朝食を抜いてしまう人がいますが、朝食を抜くとエネルギー不足になったり代謝が悪くなるので、なるべく朝食を摂るようにしましょう。

また喫煙や飲酒も要注意です。ニキビを予防したいなら、なるべくタバコやお酒は控えめにしてください。喫煙するとどうしてもお肌の調子が悪くなりますし、ニコチンを始めとする有害物質も多く含まれているのです。

飲酒も、気分転換に少したしなむ程度でしたら問題はありませんが、毎日大量に飲むことは避けた方が良いでしょう。アルコールはビタミンCを減らしてしまうので、お肌にも影響が出てしまいます。

そして夜はたっぷりと質の良い睡眠をとるようにしてください。睡眠不足だとお肌が回復せず、ニキビもできやすくなってしまいますから。

頬ニキビの原因と治す方法

頬にニキビができると場所によっては目立ちますし、化粧のノリもイマイチなので、ブルーな気分になってしまいますよね。頬はTゾーンに比べたら皮脂量が少ないにも関わらず、ニキビができやすいのはどうしてだと思いますか。

頬にニキビができる原因は1つではありません。 生活習慣やホルモンバランスなど様々な原因が存在するので、心当たりがある方は気を付ける必要があります。

■頬ニキビの原因

①お酒
お酒を毎日飲んでいると肝臓の機能が衰えて、ニキビができやすくなってしまいます。 お酒は肝臓に負担をかけてしまうので注意しましょう。

②食生活
胃液が減ったり、弱くなることによって、頬のニキビができることがあります。 糖分や脂肪分は胃腸や肝臓に負担をかけてしまうので、スイーツやお肉料理などを食べ過ぎないようにしたいところです。

③ストレス
女性ホルモンを分泌するように命令するのは脳の役割ですが、ストレスを感じるとうまく命令が出せなくなります。 女性ホルモンの分泌量が低下すると、ニキビができやすくなってしまうので、ストレス対策も重要になってきます。

④ホルモンバランス
女性の場合、排卵時にホルモンバランスが乱れます。 特に生理不順の方はホルモンバランスが原因でニキビができやすいと言われています。

⑤洗剤や寝方
洗濯洗剤が肌に合っていなかったり、洗っていないシーツで寝ているとニキビができやすくなります。

■頬ニキビを治す方法

①生活習慣を改善する
先程紹介した頬ニキビを引き起こす習慣を避けることが大切です。 栄養バランスに気を付けたり、ストレスを解消したり、睡眠をしっかりとるなどして、生活習慣を見直してみてはいかがでしょう。

②スキンケア
オイルタイプのクレンジングがオススメです。 メイクを優しく洗い流しましょう。 洗顔は1日に2回までにして、洗いすぎやゴシゴシ洗いをしないように気を付けて下さいね。 洗顔後は化粧水や乳液で保湿するのをお忘れなく。 角質層の保水機能をサポートすることが大切です。

鼻のニキビをケアする5つのポイント

■鼻ニキビの原因とは?

鼻は皮脂の分泌が活発であり、毛穴が深いので皮脂が詰まりやすい部分でもあります。 ただでさえ皮脂が詰まりやすいのに、雑菌が付いた手で触れたり、紫外線対策を怠ったり、オイリーなファンデーションを使うと、肌のターンオーバーが正常に行えず古い角質が残ったままになってしまいます。

皮脂が過剰に分泌される原因は、思春期であれば新陳代謝やホルモンの影響であることが多く、大人の場合はホルモンバランスの乱れなど、様々な原因が存在します。 鼻は皮脂腺が多い為、顔の中でも一番ニキビができやすく、鼻のニキビを防ぐ為には皮脂を過剰に分泌させないことが大切です。

■鼻ニキビをケアする方法

①ホルモンバランスを正常にする
大人になっても鼻ニキビができる場合、ホルモンバランスが崩れてしまっている可能性が高いです。 ストレスが溜まっていたり、睡眠が不足しているとホルモンバランスが崩れます。 もし生活習慣が不規則ならば、規則正しい生活を心掛けて下さいね。

②洗顔方法を見直す
ニキビを治したいからと言って、ゴシゴシ洗いすぎていませんか。 洗顔石鹸や洗顔フォームをしっかり泡立てて、汚れや余分な皮脂を落としましょう。 直接手で擦らずに泡で洗うイメージで転がすのがポイントです。

また、熱いお湯は厳禁で、ぬるま湯で洗い流すことも大切です。 熱いお湯だと肌の潤いを奪ってしまうので、ちょっと冷たく感じるくらいのぬるま湯ですすいで下さい。 この時、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流さないと肌荒れやニキビの原因になります。

③保湿する
洗顔が終わったらすぐに化粧水で水分をチャージしましょう。 化粧水の後は乳液を塗って、保湿成分が逃げないように蓋をします。

④食生活
糖分や脂肪分を控えて、バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。

⑤メイク
ファンデーションの厚塗りはNGです。 毛穴を塞いでしまうと、ニキビの原因になります。 気になる部分だけメイクするか、薄く塗るように心掛けましょう。